最近のトラックバック

Powered by Six Apart

2017年11月15日 (水)

組織委員会

昨日は2020東京オリパラ組織委員会訪問。
組織委員会は赤坂のビル一角にある。
そこで、某局長と面会した。他局員数名。

色んな自治体や企業から出向者で構成
されている。東京都が一番多いよう。
当然か。無論、我が社からも。

「大会が終わったらほとんどの職員
は失業だよ。僕は大丈夫だけど」
と、5月にオークランドで行われたワールド·
マスターズ·ゲームズの組織委員会を訪ね
たとき対応してくれた職員の方には話され
ていた。つまり、ほとんどの人は出向では
ないのだ。中には、各地の組織委員会を
渡り歩いている人がいるそうだ。つまり、
組織委員会のプロ。職業として成り立って
いる。

日本と世界の文化の差を感じるなぁ。

さぁて、今週は残り休みを取って熊本へ。
11/18は県劇で母校マンドリンクラブの
定期演奏会にOBとして出演する。
熊本でも、東京でも練習会に参加してきた。

楽しみ。

2017年11月11日 (土)

羽田空港ルート

前から行ってみたかった羽田空港までラン。
結構しんどかった。

11/11 RUN:
20.0km 2:1'00"
@蒲田~六郷土手~弁天橋~羽田空港南整備場~多摩川大師緑地
2.0KM
2,0km 14'27"
@多摩川六郷橋緑地~西六郷

2017年11月 9日 (木)

宮崎トライアスロン

先週2-6日は宮崎トライアスロンのお仕事のため
宮崎滞在。

無論靴を持っていき、大淀川の川べりを走る。
気持ち良かったなぁ。

Img_20171103_1554051

Img_20171103_0718361

11/3 RUN:
6km
@大淀川

11/8 RUN
10.0km
@蒲田~ガス橋 周回

2017年11月 2日 (木)

横浜マラソン

10/29(日)横浜マラソンは台風のため中止に
なった。練習不足は否めなかったものの、まぁ、
十分に練習したと思えることはこれからもないの
だろうが(笑い)、楽しみにしていた大会。
ボランティアや応援で何人か来てくれることに
なっていた。

中止アナウンスは前日の16:00前位だった
かな、直前まで運営側は悩んだのだろう。
同日の静岡や金沢マラソン、仙台の
全日本女子大学駅伝は雨天や風の中開催
された。横浜の28,000人のランナーや
7,000人のボランティア、応援したかった
人、スポンサー、運営委員会など、多くの
人が泣いたに違いない。

しかし、気象の詳細条件は違うし、規模が
違う。安全を考えれば、妥当な判断だった
と評価したい。twitter上は賛否両論だった
けど、、、。15,000円の参加費返せとか、
完走タオルはどうなるのとか、一部は暴徒化
していたよう(T_T)。

そして、昨日運営よりお知らせが。
・完走記念タオルの渡し(郵送)
・計測ダグの返却(回収封筒にて郵送)
・2018年の大会の出走優先権渡し(有料)
・完走記念メダル渡し
(2018年大会に出場すれば一緒に)

参加費の返金無しは申し込み規約にもあり
あらかじめ分かっていたことなので仕方が無い。
そのうえで、今回の対応は運営側として最大限
の誠意ではないだろうか。特に来年の優先権が
凄い。僕は嬉しいのだけど、逆に今年外れた人
は来年もダメになる可能性が高いわけで、難しい
判断だったろうと思う。

第1回目は距離不足で落ちがついた。第2回目は
出走していないのでわからないが、第3回目は中止。
何かと大変なこの大会だけど、今回の対応は
今後の人気に貢献するのではないかな。

Fotor_150918523802763



今年のTシャツとタオル。どっちもCool!

2017年10月27日 (金)

火事

一昨日、30Fのオフィスで会議をしていたら
火事のアナウンスが、、、、。訓練と思って
いたら、なんと本物だった。エレベーター
も止まる、、、、。

やれやれっと、階段を1Fまで。全部で800段
もあった。途中には本当の消防士がホース
を持って駆けつけていた。

自分のオフィスは隣のビルの7F。こちらも
エレベータが止まっていたのでさらに登る。
一緒に歩いた同僚二人はクタクタだったよう
だが、僕はそんなにきつくなく、問題なし。

自分のオフィスに戻ってしばらくしたら、
エレベータが復活、、、火事の規模は
そんなに大きくはなかったらしい。それに
してもなんじゃそりゃっとなった一日
だった。

ところが、昨日から今日にかけて、足に
やや違和感が!もしや時間差で筋肉痛か?
加齢とはこういうものか、トホホ。

10/22 run:
15.0km 1:30'00"
@コナミスポーツクラブ

10/27 RUN:
2km 12'36"
@自宅周辺

2017年10月20日 (金)

不在者投票

不在者投票と期日前投票は同じものと思っていた。
さらに言うと、不在者投票が正式な言い方で、期日
前投票は別の言い方だと。あぁ勘違い。

因みにどちらも選挙公示日の翌日から投票日の前日
の期間に投票する。期日前投票は選挙人名簿に登録
された住所地で投票箱に"自ら投票"する。不在者
投票は、選挙人名簿に登録された住所地以外で、
その地の選挙管理委員会で投票用紙を"提出"する。
提出した投票用紙は、選挙人名簿に登録された
住所地に送付される。到着は投票日の当日までだ。

今まで熊本にいないときは棄権するしかないと思って
いたのだが、不在者投票ができるということを、今回
の選挙で知って、手続きをしてみた。息子にも同じ
ことをさせる(笑)。

たかが、一票だが、権利は行使したい。

今日の夕方蒲田駅前。帰宅途中に選挙演説に出会う。
大きなひとだかり。そして、聞き覚えのある声。日本
共産党の志位書記長だった。さすがに演説がうまい。

聴衆はお年寄りや若い人がやや目立っていたような
気がする。言葉の区切り毎に大きな拍手。野党が
自民党をいろいろと批判しているが、真の対極は
やっぱりこの党だなと思う。

選挙の大勢は与党であるようだけど、最後まで論戦
は大事だ。

2017年10月18日 (水)

今シーズン2本目

10月初めに熊本城マラソンの抽選結果の
通知が来た。

なんと、当選。

うむうむ、3年連続の当選だ。
素直にうれしい。ついてるなぁ。

しかし、今年は横浜マラソンもあるし、1シーズン
2つも大丈夫かよ~と少し心配であるが、
今月末に迫ったそれは、全然の練習不足のため
気合いを持って走ることもできず、きっと欲求
不満のまま終わるだろう。

なので、熊本マラソンが今シーズンの勝負だ!

東京は10月になってから天候不順ですっきり
と晴れる日があまりない。しかも、冷たい雨が
多いのでなかなか走るのが難しい。
今日は久々のお天気。夕方からは冷えたけど
むしろ走りやすい。あぁ~この位のペースで
気持ち良し。

10/18 RUN:
10.0km 59'39"
@蒲田~ガス橋 周回

2017年10月16日 (月)

伊勢神宮

先日家族旅行した伊勢神宮。

大きく、豊受大御神をまつる外宮(げくう)と天照を
まつる内宮(ないくう)がある。それぞれ、衣食住を
始めとする産業の守り神と天皇家の祖神である。
そのほかにも14所の別宮、43所の摂社、24所の
末社、42所の所管社があるという。一大の神々の
いらっしゃるところなのである。

なんで伊勢の地に天皇の社(やしろ)があるのか
良く分からないのだけど、江戸時代には多くの
地方からのお伊勢参りの習慣があった。我々も、
遂にその仲間入りというわけか(笑)。

さすがに僕がこれまで参拝したどの神社よりも
でかい!式年遷宮が何年か前にあったように、
例えば天照大御神をまつる現在の社と全く同じ
大きさの敷地がその隣にある。空き地なので
あるが、真ん中には、留守を預かるような小さな
祠がある。

天照大御神だけではない。主要な神様の社の
横には同じ大きさの敷地が空き地のままある
のだ。同じように真ん中に祠がある。不思議な
光景である。

Img_20171007_1242231

同じように大国主命を祀る出雲大社にも遷宮
がある。こちらは60年。奈良を挟んで、出雲と
伊勢の関係も興味深い。

伊勢神宮は外宮よりも内宮の方が観光地化
されていて門前町も整っている。色々なものを
食べ歩いてお腹いっぱいになった。旅行前に
知人に進められた豚捨というお店。牛肉を使った
コロッケや串カツは美味であった。

Img_20171007_1404421


2017年10月15日 (日)

サピエン全史読了

下巻まで読み終わって、人間ってなんだろうって、
改めて考えさせられた一冊。

我々は人間が大事、特別な存在のごとくに教えられて
きたように思う。それは嘘ではないけれど、部分的な
ことのように思うようになった。

著者は歴史学者である故、どのように現代人が今の姿
になったのか、社会がどのように変遷していったのか
分かり易く示してくれた。

最終章は圧巻だった。

我々ホモ・サピエンスは、進化の途中の生物に
過ぎないという。我々は神様から約束された種でも
なく、自然選択によって偶然に生まれ、そして永遠
のものでもなく、この地球に何万と生まれてきた
生物の一種である。今後我々を凌ぐ種が発生する
ことは十分に考えられる。それを著者は
超サピエンスと言っている。しかしその様相はこれ
までとは決定的に違うようだ。

128億年前に無の世界から宇宙が膨張を始め
ビッグバンが起こる。以来、物理的現象から
化学的現象を経て生物学的現象の一連の中で
ホモ・サピエンスが生まれ繁栄してきた。
が、進化は自然の決められた範囲、自然選択に
よる生物学的限界があった。

しかし、今やホモ・サピエンスは知的活動を持って
生物の設計を始めている。上半身が人間で下半身
が魚のような人魚姫も可能だし、絶滅したかつての
人類ネアンデルタール人の復活、映画にもなった
ジェラシックパークのような恐竜の復活も決して
夢物語りではない。実際何年か前に古代のハス
の花を咲かせたというニュースが出ていた。

もっと身近なもので考えても良い。サイボーグ
工学がそうだ。例えば今や当たり前となっている
眼鏡、義手、補聴器、ペースメーカーなどは
人の能力を高める。もっと生命体に入り込んで
人工角膜など再生医療も盛んに研究されている。
パソコンやスマホもそのようなものの一種と言える。
情報処理能力を飛躍的に高めているし、それらを
使って、考えるだけで脳の信号を義手に送信し、
これらを動かすという技術もある。

非有機物的なものが存在感を高めている。AI
が登場して以降、コンピュータは人間の指令を
受けずに自身で考え始め進化を始めることが可能
になってきた。そのサイバー空間の中では独自に
進化する能力をもったウィルスという存在もある。

人間とコンピュータは今はキーボード、マウス、
ディスプレイといったものを介してコミュニケー
ションをしているが、今後直接脳とやりとりする
ことだって可能になるだろう。

彼の最後の問いはこうだ。
「私たちが直面している真の疑問は、
『私たちは何になりたいのか?』ではなく、
『私たちは何を望みたいのか?』
かもしれない。この疑問に思わず頭を抱えない
人は、おそらくまだ、それについて十分に考え
ていないのだろう。」

10/12 RUN:
10.0km 1:4'10"
@蒲田~ガス橋 周回

10/14 RUN:
5.0KM 30'37"
@蒲田~六郷土手~新蒲田~蒲田

2017年10月11日 (水)

製造業の町

この前の三連休は家族4人で旅行だった。

前回はというと、10年位前かもしれない。
高校、大学受験やら就職活動やらが重なってなかなか
揃うことがなかった。なんとなく一段落している今チャンス
だ。

住んんでいるところがバラバラの4人。僕と息子は首都圏から
新幹線、嫁さんは熊本から飛行機で娘のいる愛知県に集合。

そこからレンタカーを借りて、伊勢神宮、アドベンチャー
ワールド(和歌山県)、愛知県とドライブである。免許を持って
いない息子以外の3人で交代で走る、走る、走る。総走行
距離700キロ近くかも(笑)。運転していない人は適宜ナビを
サポートだ。

この話は別に書くとして、今日は愛知にある娘の住んでいる町
の話。娘の家に泊まり。10/9(月)は世間は祝日だけど、
娘は出勤日。工場の稼働の関係のためだそうだ。不規則に
設備を稼働させるのは効率が悪いので、勤務日を振替えている。
その分夏休みとか正月などの休みは一般より長い。

その朝、皆で娘の家を出てJR駅に行く。息子は授業があるとか
で朝一で大学に帰って行く。電車が到着する度にたくさんの人
が電車を降りて会社に向かっている。普通の出勤風景。
なんと町ぐるみでそのような勤務シフトになっているようだ。
日本にこんな町があるなんて正直驚いた。僕は工学部出身
なのでモノづくりは興味がある。もしかしたら、こんな町に
住んでいたかも知れないのだ。文系の娘が逆に住むことに
なるとは。

日本はモノづくりで成長した国。大事にしたい。

有名な車部品メーカーや有力企業の工場が立ち並ぶ地方の
製造業の町。町の財政は企業からの税収で結構潤っていて、
市内のバスがただなのだそう。まるでサウジアラビアの
よう(笑)。子育てもしやすく住みやすい町のようだ。

旅行も楽しかったし、娘がしっかりと暮らしていたのには
安心した。

その後娘とも別れて駅前のコメダコーヒーで嫁さんと
モーニングを食べていたとき、実はなんだか少し涙が
滲んできた。

10/9 RUN:
10.0km 58'33"
@蒲田~ガス橋 周回