最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 8年ぶりの丹沢 | メイン | M by プリプリ »

2015年2月 8日 (日)

感想戦

今年もNHK杯が大詰めになってきた。将棋も囲碁もベスト8の戦いに
なっている。将棋では勝利の見込みがない場合に、王様が詰む場
面より前に負けを認めて対局を終えるのが一般的だ。差が開い
て戦う気力が無くなった場合も同様だ。無駄な時間や手間を省くた
めだったり、意味のない対局を続けることが美学に反する、相手に
失礼と考える。これを「投了」という。このとき敗者が「負けまし
た」と声に出して言う。プロ同志の真剣勝負の場、力量に誇りを持
っている者が、素直に己の力不足を認め、相手にはっきりと伝えね
ばならない。そのときの心境はいかばかりだろう。なんと潔い言葉
なんだろうかと思う。

囲碁もまた然りだ。囲碁の場合は、獲得した陣地の多さで勝敗が決
まるので、最後まで打って獲得した陣地の差を確認する。そして2
個陣地が多かったら「2目半勝ち」とかいう。陣地1個分を「目」
(もく)という。「半」というのは、陣地が同数になる可能性がある
ので勝負をつけるためのハンディだ。しかし、プロ同志の場合、途
中で大体この差が分かる。大差になる場合など、同じように途中で
対局を終える場合がある。この投了のことを、囲碁の場合は「中押
し」(ちゅうおし)と言う。


今回テーマにしたかったのは、感想戦という対局後の反省会。一般
的に勝負の世界で、勝負が決したあと試合の感想を述べあうなんて
有り得ない。巨人、阪神戦の後に、監督同志が「九回裏、代打で送
った阿部を選んだのが間違いだった。やっぱり亀井が良かったか!。
抑えの藤波も良かった」なんてしない。ところが囲碁、将棋では
そういうことをする。厳密にいうと囲碁は感想戦ではなく「局後の
検討」で、義務では無いが。

初手から再現して、ポイント、ポイントでそのときの最善手は何だ
ったか反省する。また、実際には現れなかった読み筋を披露したり、
そのときの局面をどう評価していたかを言う。復習会だ。しかし、
プロ同志、ライバルであるわけで、そんな商売敵に自分の手の内
を見せるというところが凄い。次回からは真似されるかも知れない
わけで、とてもリスクがある行為だと思う。企業には「社外秘」と
いうのがあるが、ある意味これをライバル社に教えているようなも
のだ。

しかしこのリスクを補って有り余る効果が感想戦にはあるのだろう。
自分の手を見直すことで、何が悪かったのか分かり、一手一手の
重要さがわかるようになる。また、他人の考えを聞くことにより、
新たな発見や価値観なんかも共有することができる。ある意味ギブ
&テイクと考えることもできる。単に勝負に勝った負けたと言って
いるアマとは違うプロの奥深さが垣間見える。これはもちろん、仕
事にも応用したい考え方だ。


今日は2ヶ月振りに久々に髪を切りに。ちなみに髪を切ってもらうは、
I have my hair cut.
何かをやってもらうは、
HAVE(または GET) + 目的語 + 過去分詞が基本だ。
いつもは熊本で切るが、タイミングを逸しこちらで切ることに。近
くにある美容室。はじめてのお店だ。美容室はめったにいかない。
髭を剃ってくれないので、なんとなくやってもらえなかった感が
残る。
が、ここは上手であったので、これはこれで満足だった。

昨日の丹沢のおかげて筋肉痛。走りたいが走れない一日で
あった。

コメント

コメントを投稿