最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« プレモルグラス | メイン | 投資 »

2017年3月27日 (月)

高校の社会科

先日、2022年度以降に導入する高校の次期学習
指導要領のニュースが出ていた。中でも社会は、
複雑だ。

今は、「現代社会」「倫理」「政治・経済」
「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」
「地理A」「地理B」と9科目ある。それぞれの科目の
違いも、特にAとかB、必修科目や選択科目の組み
合わせも複雑だ。息子たちは、良く勉強したなぁと、
まぁ感心。

2022年度以降は、
「公共」「倫理」「政治・経済」「歴史総合」
「世界史探求」「日本史探求」「地理総合」
「地理探求」の8科目。
"総合"とか"探求"というのが目につく(笑)

興味を持ったのは、「歴史総合」。僕らが高校生のとき
も今と同じように「日本史」「世界史」に分かれていた。
当時、日本史は大したことがないだろうと、条件反射で
「世界史」を選択。これはこれで面白かったのだけど、
進学してからの読書で、日本史の奥深さにとても
感動したのを覚えている。今もそれは続いているの
だけど、、、。そして、バラバラだった世界史と
日本史のつながりが初めて見えたし、内側と外側
からの視点によって、本当の意味での世界史に
触れた気がした。

なので、「歴史総合」で全体を学習するのはいいことだ。
また、いつも時間切れになる現代史に力を入れるという。
それぞれの歴史は薄くなるかもしれないけど、それは
進学先や社会人でまたやればいい。

実は、今、欧米の人や中国人と話しているときに、両方
の基礎知識があることが非常に役立っている。大した
知識でもないのだけど、彼らの国の歴史に質問する
こともできるし、こちらの国の歴史の疑問に答える
こともできる。あと、これが英語でできればなぁ^^;

相手の歴史や事情を尊重しつつ対話する。こんな
ことから、人間対人間の信頼関係が生まれるのだ。

3/27 RUN:
10.4km 1:00'43"
@蒲田~六郷土手

コメント

コメントを投稿