最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« クレジットカード紛失顛末記 | メイン | 図書館 »

2017年7月30日 (日)

蛇にピアス

2004年、金原ひとみの芥川賞受賞作。このとき、綿谷りさ
も同時受賞。二人は同じ学年だけど、それぞれ20歳、19歳。
これまでの23歳だった最年少記録を塗り替えたことでも
当時凄く話題になった。

そのとき、僕は綿谷りさの「蹴りたい背中」を買った。
けど、金原ひとみの本もずっと読みたいと思っていた。

先月末、契約しているインターネットプロバイダから
セールスがあって、動画配信を1ヶ月無料というので
とりあえず申し込んでいたら、なんと今日がその最終日。
明日から有料なので解約せねばと少しあせる。
しかし、せっかくだからどんなのがあるのだろうと
のぞいてみたら、タイトルの映画があった。

これは同小説を映画化したもの。主演は吉高由里子。
映画化は知っていたものの、PVでの舌のピアスをする
シーンとか、暴力シーンが強烈で見るのが怖かった(笑)。
しかし、せっかく無料で見れる機会なので勇気を出して
視聴。

蜷川幸雄が監督とは知らなかった、、、他にも、井浦新が
旧芸名のARATAで吉高の相手役を務めていて、NHKの
「日曜美術館」の司会ぶりとはエライ違い。

かなりアンダーグラウンドの映画だったが、まぁ、何か
感じるものはあった。さすが、芥川賞受賞作だし、
さすが、蜷川さん。

今朝は曇りでのスタート。1キロ位で小雨が降り出した。
シャワーランになって涼しい。多摩川では雨の中月例川崎
マラソンが行われていた。そういえば、今年はほとんど
出てないなぁ、と少し反省しつつ、来月は出れるよう努力
しよう。

7/30 RUN:
10.0km 1:1'59"
@蒲田~ガス橋 往復

コメント

コメントを投稿