最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 包丁砥ぎ | メイン | サピエン全史読了 »

2017年10月11日 (水)

製造業の町

この前の三連休は家族4人で旅行だった。

前回はというと、10年位前かもしれない。
高校、大学受験やら就職活動やらが重なってなかなか
揃うことがなかった。なんとなく一段落している今チャンス
だ。

住んんでいるところがバラバラの4人。僕と息子は首都圏から
新幹線、嫁さんは熊本から飛行機で娘のいる愛知県に集合。

そこからレンタカーを借りて、伊勢神宮、アドベンチャー
ワールド(和歌山県)、愛知県とドライブである。免許を持って
いない息子以外の3人で交代で走る、走る、走る。総走行
距離700キロ近くかも(笑)。運転していない人は適宜ナビを
サポートだ。

この話は別に書くとして、今日は愛知にある娘の住んでいる町
の話。娘の家に泊まり。10/9(月)は世間は祝日だけど、
娘は出勤日。工場の稼働の関係のためだそうだ。不規則に
設備を稼働させるのは効率が悪いので、勤務日を振替えている。
その分夏休みとか正月などの休みは一般より長い。

その朝、皆で娘の家を出てJR駅に行く。息子は授業があるとか
で朝一で大学に帰って行く。電車が到着する度にたくさんの人
が電車を降りて会社に向かっている。普通の出勤風景。
なんと町ぐるみでそのような勤務シフトになっているようだ。
日本にこんな町があるなんて正直驚いた。僕は工学部出身
なのでモノづくりは興味がある。もしかしたら、こんな町に
住んでいたかも知れないのだ。文系の娘が逆に住むことに
なるとは。

日本はモノづくりで成長した国。大事にしたい。

有名な車部品メーカーや有力企業の工場が立ち並ぶ地方の
製造業の町。町の財政は企業からの税収で結構潤っていて、
市内のバスがただなのだそう。まるでサウジアラビアの
よう(笑)。子育てもしやすく住みやすい町のようだ。

旅行も楽しかったし、娘がしっかりと暮らしていたのには
安心した。

その後娘とも別れて駅前のコメダコーヒーで嫁さんと
モーニングを食べていたとき、実はなんだか少し涙が
滲んできた。

10/9 RUN:
10.0km 58'33"
@蒲田~ガス橋 周回

コメント

コメントを投稿