最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« SAC磐田農場 | メイン | お花見RUN »

2018年3月26日 (月)

プロフェッショナルの流儀

たまたま今夜テレビをつけていたら、NHKの
プロフェッショナルの流儀の番組をやっていた。

メインは藤重さんというかた。吹奏楽にこの人
ありと言われる程の音楽指導者だそうだ。

63歳にして、現在長崎・活水中学・高校の先生。
吹奏楽部の音楽監督である。吹奏楽で無名の
この高校に来てから現在3年目だそう。その奮闘
振りが描かれていた。

実は活水高校の前は福岡・精華女子校で指導していて
全国大会で26回の金賞を取ったそうだ。

偶然だけど、活水高校は長崎に住んでいたときに
直ぐ近くにあったし、実は精華女子高校も福岡での
マンションから職場に通勤する途中にある。
ちなみに制服がかわいい(笑)

活水中学・高校は昨年の秋、マーチングで全国大会
に行くという快挙を遂げる。九州から4校という狭き
門だ。吹奏楽ではないが、高校のとき、音楽サークル
にいた経験からいうと、こんな短期間で全国大会と
いうのは凄いにつきる。

そんな藤島さんをみて印象的だったのは、
「今をしっかり生きる」「大事に、一生懸命に生きる」
ということ。昨日と今日と明日は違う。別に全く
違うことを日替わりでするというのではなく、同じ
仕事を日々こなすなかで、毎日違う発見や喜びがある、、、
そんな経験をされている、、、というか意識的にそう
なるよう努力されているだと思うが。

そんなワクワクした人生を送れたら幸せだろうな。

コメント

オレも見たよ
ワクワクしたし
高校生の頑張る姿に涙も出た
一生懸命な人生の送りかたって良いね。

自分が高校生だったら熱血振りに少々うっとうしいかもしれないけど(笑)、自分の流儀で一生懸命なところは素晴らしいと思う。しかも、それで、結果残しているから、さらに素晴らしい。

コメントを投稿