最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2018年6月 | メイン | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月 2日 (月)

第1回 みなみ阿蘇野の花コンサート~はなしのぶ~

少し前の話だけど、6/10(日)にタイトルの演奏会に
行ってきた。高森の阿蘇野草園で開催された催しだ。

Img_20180617_120943

もともと、4年前までは音楽祭「はなしのぶコンサート」
が34年間行われていた。尚絅中学・高校マンドリンクラブ
の演奏する、林田戦太郎作曲組曲「はなしのぶ」が
有名だった。それが惜しまれつつ終了し、これを
リニューアルして復活したのだ。

昭和59年熊本県で植樹祭が行われた折り、天皇・皇后
両陛下が野草園を訪れられ、尚絅高校のマンドリンクラブ
が奏でる組曲「はなしのぶ」の演奏を聞かれた天皇陛下が
歌われた詩がある。

「花しのぶの歌しみじみ聞きて生徒らの心は
花の如くあれと祈る」

この詩に黛敏郎が曲をつけている。黛敏郎
と言えば日本を代表する作曲家。まぁ、天皇
の詩に曲をつけるなど、並の作曲家ではダメ
なのである。

今回の音楽祭では、尚絅高校の生徒さんが
この詩を歌い、マンドリンオケが曲を伴奏
していた。

リニューアルした音楽祭は、マンドリンだけで
なく、社会人のフルートのアンサンブル、平成音楽
大学の講師による管楽器アンサンブル、高森小学校
による合唱、高森中学・高校による吹奏楽部の演奏
など盛りだくさんだった。

はなしのぶは氷河期の頃からある花で、森の中では
生きていけないそうだ。阿蘇では野焼きで草原が
保たれたため、命をつなぎ阿蘇の固有種となった
のだそう。でも、近年絶滅危惧種の一つに指定
されているそうだ。

ここ、阿蘇では野焼きという人の長年の営みが、
植物相、動物相、人間の営みに大きな影響を及ぼ
している。そんなことを改めて考えさせられる
音楽祭だった。

お隣にあるビジターセンターもお勧め。時間が
あれば、国民休暇村に宿泊してゆっくりしたい
ものだ。

2018年7月 1日 (日)

博多祇園山笠

随分と忘れていた曲を思い出した。

♪いつか君行くといい 博多には夢がある
できるなら夏がいい 祭りは山笠
 男達はとても見栄っ張りで気が強い
 海の風に吹かれるから
 だけどみんなすぐに貰い泣きするよな奴
 酒を飲んで肩をたたく

チューリップの「博多っ子純情」。
作詞:安部俊幸
作曲:姫野達也
多くの曲は財津さんの作詞・作曲なのだけれど
これはそうじゃない。なんとなく他の曲と違う
なぁと思っていた。初めて聴いたのは中学校
の頃か、確か、カセットテープ(当時はミュージック
テープって言ってたかなぁ)に収録されていた
アルバムだったと思う。

大人の世界は良く分からなかったけれど、
「いつか君と行くといい」という歌詞に反応
して、当時好きだった子を思い出して、そんな
デートをしたいなぁ、なんて思っていたものだ。

フォークギターでも何度も練習した(笑)

福岡は、正に今山笠の時期。通勤の途中
には飾り山笠がある。

Img_20180630_084904

クライマックスの追い山は7/15の早朝。
いよいよ、夏の到来である。