最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« オーケストラとギター | メイン | 第1回 みなみ阿蘇野の花コンサート~はなしのぶ~ »

2018年7月 1日 (日)

博多祇園山笠

随分と忘れていた曲を思い出した。

♪いつか君行くといい 博多には夢がある
できるなら夏がいい 祭りは山笠
 男達はとても見栄っ張りで気が強い
 海の風に吹かれるから
 だけどみんなすぐに貰い泣きするよな奴
 酒を飲んで肩をたたく

チューリップの「博多っ子純情」。
作詞:安部俊幸
作曲:姫野達也
多くの曲は財津さんの作詞・作曲なのだけれど
これはそうじゃない。なんとなく他の曲と違う
なぁと思っていた。初めて聴いたのは中学校
の頃か、確か、カセットテープ(当時はミュージック
テープって言ってたかなぁ)に収録されていた
アルバムだったと思う。

大人の世界は良く分からなかったけれど、
「いつか君と行くといい」という歌詞に反応
して、当時好きだった子を思い出して、そんな
デートをしたいなぁ、なんて思っていたものだ。

フォークギターでも何度も練習した(笑)

福岡は、正に今山笠の時期。通勤の途中
には飾り山笠がある。

Img_20180630_084904

クライマックスの追い山は7/15の早朝。
いよいよ、夏の到来である。

コメント

当時、好きだった娘が気になるなぁ

もう時効かなぁ(笑)

コメントを投稿