最近のトラックバック

Powered by Six Apart

2018年9月30日 (日)

2020年東京オリパラボランティア

いよいよ9/26から「大会ボランティア」の募集
が始まった。8万人募集するらしい。東京都が
募集する「都市ボランティア」が3万人募集
なので、合わせて11万人。もの凄い数だ。

実は会社がスポンサーになっていることもあり、
これに先行して、この春にグループ会社全体で
300人が募集された。僕も応募してみたのだが、
見事に落選。全体で2,000位の(3,000人だっけ?)
応募があったらしい。ボランティアの経験がある
と有利らしかったが、あまりそのような経験も
なく、自由記入欄にさしてアピールポイントも
書かなかったことが敗因か(笑)。落選メール
には、「2020東京オリパラ組織委員会の募集に
直接応募されることもできます」と、ご丁寧
にも書いてあった。

しかし、合格したらしたで、社内研修には出席
しないといけないし、勿論、組織委員会の公式
研修にも参加しなければならない。本番も
1日8時間、10日間以上拘束されるし、地方に
住んでいる今、金銭面や時間的に本当に完遂
できるか怪しいものであった。なので、改めて
考え直し、今回の組織委員会の募集には応募
しないことにした。

このボランティアを巡っては、やりがい搾取
だとか、大学には授業をオリパラ前に終えるよう
要請することに対する批判が相次いでいるが、
もともと、日本にボランティア文化が根付いて
いないし、集める方のノウハウもあまりなかっ
たりで混乱している部分もあるように思う。

仕事がら応募システムも気になる。概して
評判が良くない。応募サイトには入力に30分
かかると注意書きがある。また、こんな
注意書きも。

「東京2020大会ボランティア マイページにおいて、
パソコンのキーボードを使った操作や音声読み
上げソフト使用時等、アクセシビリティに関する
対応が不十分となっております。ご利用の皆様
にはご不便をお掛けいたします。ただいま鋭意
対応中で、10月中にはコールセンターで視覚に
制約がある方等への対応をすることとしており、
具体策が固まり次第改めてお知らせいたします。
対応完了時期については改めて本ウェブサイト
にてお知らせいたします。」

文中、アクセシビリティとは、使いやすさと
いうことだ。こういったシステムでは、あらゆる
人の利用が想定されるわけだから、老若男女、
障害者などに対してやさしい仕組みが求められる。

実際応募しようとすると、まず英語の画面での
ログイン画面が出る。まずはこれでPCに慣れ
ていないシニアなどは脱落するものと思われる。
他にもいろいろと入力し難い仕様が満載なの
だが割愛。

大会で使われるボランティアシステムはAtos
というフランスの会社が提供している。
(応募画面にもこの会社のロゴが出ている。)
歴代のオリンピックでこのシステムは使われて
きていて、今回東京大会用に改修したのだが、
日本人に優しい仕様にするなんてことはあまり
考えてくれなかったようだ。

東京にいたとき、丁度1年前だった、Atosの
ボランティアシステム担当者(スペイン人)と
別件で打ち合わせをしたのだが、とても頑固
そうな人だったのが思い出される。いい意味
でも悪い意味でも。

ボランティアをやりたい人はたくさんいると
思う。計11万人もの募集も決して無理ではない
と思う。が、システムのせいでボランティアが
予定通り集まらなかった、なんてことがない
ように祈りたい。

2017年11月15日 (水)

組織委員会

昨日は2020東京オリパラ組織委員会訪問。
組織委員会は赤坂のビル一角にある。
そこで、某局長と面会した。他局員数名。

色んな自治体や企業から出向者で構成
されている。東京都が一番多いよう。
当然か。無論、我が社からも。

「大会が終わったらほとんどの職員
は失業だよ。僕は大丈夫だけど」
と、5月にオークランドで行われたワールド·
マスターズ·ゲームズの組織委員会を訪ね
たとき対応してくれた職員の方には話され
ていた。つまり、ほとんどの人は出向では
ないのだ。中には、各地の組織委員会を
渡り歩いている人がいるそうだ。つまり、
組織委員会のプロ。職業として成り立って
いる。

日本と世界の文化の差を感じるなぁ。

さぁて、今週は残り休みを取って熊本へ。
11/18は県劇で母校マンドリンクラブの
定期演奏会にOBとして出演する。
熊本でも、東京でも練習会に参加してきた。

楽しみ。

2017年6月10日 (土)

ラグビープレマッチ

日本代表対ルーマニア代表。
2017ラグビーワールドカップの前哨戦である。

1週間前、チケット販売のHPでは空席状況におもいっきり
○が表示されていて、集客を心配してたけど、今日はいい感じ
じゃなかったかな。

選手紹介でリーチ・マイケルのときは、ひときわ大きな歓声。
さすがに人気ものだ。五郎丸がいなくてちょっと寂しかった
けど、、、(笑)。

試合は開始早々ペナルティキックを2本決められ、大変。
しかし、徐々の盛り返して日本ペース。楽勝と思われたが、
後半のルーマニアのフォワードの攻めは圧巻だった。ヤバイと
思いつつ、1トライ、1ゴールで済んで何とか凌げた。
33-21で勝利。いい試合でした。

主審の目線からの映像がスクリーンに表示されてて、
これはナイスなアングル。最近の趣向なのかな?
臨場感もあってとても良かった。

2017年4月23日 (日)

競技見学

一昨日の夜開会式があって昨日はオフ。
朝目覚めるも環境に慣れていないのかやや
疲れ気味。地元紙に開会式の記事が出ていた。

20170422_052541


朝食に外に出る。メニューの名前は忘れたけど、
ボリュームがたっぷりで満腹感が十分。

20170422_045454



自由行動日だったが競技の見学へ。

まずは10キロレースとハーフマラソ。
自分でもやる競技なので親しみが湧く。

20170422_063907


次に卓球会場へ。最後はバドミントン会場。どの会場も幅広い年代
の参加者がいて熱気が凄かった。

20170422_100108


会場でマレーシアのスポーツ記者に話しかけられた。
英語と日本語ができる人だったが、訛りがひどくて
聞き取るのに一苦労。でも、会話ができて楽しかった。
東京オリンピックに行きたいと熱望してたけど、
叶うといいね。

2016年10月27日 (木)

サヨナラホームラン

帰宅してテレビをつけて日本シリーズにチャンネル
を合わせると、9回裏日本ハムの攻撃中。

1-1の同点。2アウト満塁でバッター西川。
すごい場面だ!

1球目ボール。そして、2球目。一振りがなんと、
ライトスタンドにボールが吸い込まれていった。
満塁サヨナラ。久々に観たなぁこんな場面、前回
はいつか忘れたけど。すごいなぁ。

今シリーズはどれもこれも熱い戦い。
栗山監督も好きだが、広島も好きだ。
最後まで目が離せない。

2016年3月28日 (月)

秀岳館サヨナラ勝ち

実家に行ってみると、丁度準々決勝の秀岳館-
木更津総合戦が始まった。親父、お袋と3人で
テレビ観戦。

1点先制されたところでおふくろは既に諦め気味。
「昨日点を取り過ぎた」
などど、分かっているのかどうかよく分からない解説を
している。
対して親父は、
「野球は何があるか分からない」
と落ち着いている。

そして9回裏。お袋はすっかり諦めている。しかしながら、
ドラマはクライマックスを迎えて見事に完結。この劇的さに
お袋はあまりピンと来ていないようだが(笑)、親父が
一生懸命起こったことを説明している。バントが良かった
とか言われて、お袋はますます混乱しているようだ。

「何があるか分からんだろう?」

と自慢気である。

久々の県勢の快進撃。頂点はもう少しだ。

3/28 RUN:
15.4k 1:30'09"
@光の森

2015年12月13日 (日)

九州学院戦

熊高対九学のサッカー練習試合。徳王にある
九学グランドで行われた。TKUから一本?北の
交差点を井芹川方面に下るとあった。ここには、
野球場やラグビー場もあって、さすがスポーツ
関連施設が充実している。入り口には、高校総体
での全国制覇記念の碑が立ててあった。1985年。
僕が高校3年生。マンドリンに精を出していた頃、
こういう快挙が成し遂げられていたのか!

試合には息子が先発出場。これは快挙だ(笑)。
70分辺りで交代するまで、観ている方がずうっと
緊張していた。

前半に2点先制され、ワンサイドゲームになるかと
思ったが、1点返す。後半も1点を返して同点。なか
なかやるじゃないか。しかしながら、80分過ぎに
追加点を許しゲームセット。チャンスはいくつか
あったし、ボコボコにされた訳ではない。
惜しいゲームだった。これは、来年の高校総体は
期待がもてるかもしれない。

2015年12月 1日 (火)

高校サッカー選手権

先月16日、高校サッカー選手権の組み合わせ抽選
が行われた。熊本代表は、前日が決勝で大津対
東海大星翔。

鹿本は学付に4回戦で1-2で惜敗。
その学付は準々決勝で大津に負け。
済々黌は準決勝で大津に負ける。しかし、済々黌
強いなあ。熊高は2回戦で東海星翔に負け。その
東海は決勝まで進む。やっぱり強い相手だった。

決勝では大津が3年振りに制した。全国大会の
初戦は強豪の前橋育英だ。かつての大津の強さ
を発揮してもらいたい。

ちなみに、大津の河田クンという中心選手は、
10/31の高校駅伝の1区を走った翌日にサッカー
の試合に出たそうである。1区はエース区間。
10キロを32:19"の区間7位。凄いレベルである。


2015年8月26日 (水)

Justin Gatlin hails Japanese teen Sani Brown

インドで人気のある新聞MID-DAYより。
「ガトリンが日本の10代サニブラウンを認める」

昨日の世界陸上で一緒に200m予選を走った100m2位の
ガトリンが16歳のサニブラウンの準決勝進出を称賛した
記事だ。インドの新聞に堂々と載っているのが凄い。それ
ほど世界的に注目されているのだろう。

まだ高校2年生。凄い。この夏は高校生の活躍が目立つ。
甲子園の清宮やオコエもそうだし、最近のCMに出ている
ボルタリングの大場美和も凄すぎる。

去年槍ヶ岳に登ったとき、「孤高の人」というコミックが山小屋
に置いてあった。原作は新田次郎の代表作の同名小説だが、
内容は大分違っていた。漫画版はボルタリングやフリークライ
ミングの世界。ちょっと意表をつかれたが、そういう世界の一端
に触れた気がした。それで、彼女を見ていると、まさに漫画の
世界を地で行くようなクライミング技術。必見の価値ありだ。

2015年2月 7日 (土)

8年ぶりの丹沢

昨日(2/6)山行の準備をしていると以前丹沢に行ったときの記録を
偶然にも発見。日付は2007年3月3日。丁度8年前だ。丹沢は長いこ
と行きたい山だった。社会人になってすぐに東京に赴任し、そして
山を始めたけれど、あるセンパイが良く話していたタンザワという
響きがとてもカッコ良かった。僕のトレーナーで、仕事でとても尊
敬するセンパイだった。そのセンパイとはとうとう一緒に山に行く
機会が無かった。

そして僕は九州に転勤になって仕事が忙しくなり、いつしか山から
遠ざかっていった。でも、タンザワが何処にあるのかも分からない
まま、あのカッコ良さだけはずっと僕の中に残っていた。そして、
10年位前に再び東京に赴任する。しばらくしてまた山を始めて、
ずっと気になっていたタンザワにやっと行くことができた。

丹沢は首都圏に近い。しかも四季を通じて登山が可能だ。新緑や
紅葉も素晴らしいが、純白の霧氷や雪に出会えるこの季節もまた良い。
神奈川県の屋根と言われる広大な山域にはいくつもの尾根があり、
そこに無数の沢が広がる。水量もあるので、川を遡っていく沢登りが
盛んである。何回か行くうちにそういう魅力的なところが次第に分かっ
てきた。昨日発見した記録は、そんな丹沢にハマッていた頃の記録
の一つだ。


8:30、Oさんともに登りだす。大倉尾根と呼ばれる登山道をひたすら
登る。なかなか雪がなく、まるで晩秋の頃に歩いているような感覚だ。
歩くこと3時間。雪があるところに辿り着く。
登山者が多いためか、道ができていて、雪の上でも歩きやすい。ふか
ふかの感触がたまらない。まさにこの感覚を味わいたくてきたような
ものだ。

Dscn0215

途中、振り返ると、相模湾、茅ケ崎市、平塚市、小田原市の市街地、
さらに箱根が見える。さらに高度を上げていって12:30過ぎに目的地
の塔ノ岳に到着。標識の向こうには富士山が見えるはずだが、ガスが
出てきて激しく残念。

Dscn0206

山小屋でお湯を沸かし、食事を作って頂く。普段は食べないカップめんだが、
こういうところで食べるそれは格別に美味しい。

Dscn0208


山小屋の猫ちゃんがストーブの前で気持ちよさそうに丸くなっている。
なんと16歳だそうで、人間で言えば80歳だそうだ。でもこの後、雪が
降る外に出て、猫らしくもなく元気に遊んでいた。山小屋のご主人曰く
猫も寒い環境に慣れますよ-とのこと。なんだか笑ってしまた。

Dscn0210

下山は17:00。最後は鶴巻温泉の弘法の湯に入って打ち上げ。本日
も良い山行だった。
家に帰りネックウォーマーが無いことに気付く。ええっ、昨日買った
ばかりなのに・・・・・(涙)。
明日は、心当たりの施設に電話しまくり捜索をしよう・・・。