最近のトラックバック

Powered by Six Apart

2018年6月 2日 (土)

オーケストラとギター

2018年5月13日(日) 佐渡裕指揮の
トーンキュンストラー管弦楽団演奏会@県立劇場。
嫁さんに誘われて行ってみた。席もSとちょっと
奮発。彼は以前は「題名のない音楽会」もやって
いたし、今もっとも人気のある指揮者の一人で
ある。熊本には結構来てて、つい3月にはスーパー
キッズオーケストラを率いて菊陽町図書館ホール
にも来てくれた。平日だったので僕は残念ながら
行けなかったが嫁さんはしっかり聞きに行った
ようだ。

Photo

さて、メインの曲はお馴染みの
ショスタコーヴィチ交響曲第五番ニ短調。
メンバーは80人位の規模だろうか。生で聞くの
はさすがに迫力があり大感動。曲後は聴衆の
一部は立ち上がり惜しみない拍手を送っていた。

佐渡さんが袖に下がり、舞台に再登場のときは、
ちょっとした仕掛けがあった。オケがハッピー
バースデーの曲の演奏を突然始める。佐渡さん
びっくり。実は佐渡さんの誕生日だったのだ。
さらに、舞台にはなんと館長の姜さんも
サプライズ登場。確か朝には、関口宏のサンデー
モーニングに生出演していたはず(笑)。
収録後駆けつけてくれたのだ。

こうやって、このコンサートは大盛況のうちに
終わった。

さて、今日は、健軍コンサートホールで開催
された山下紅弓(やました こゆみ)さんの
ギターリサイタル。今度は僕が嫁さんを誘う。
彼女は、あの著名なギタリスト山下和仁の娘
さんだ。3月まで熊本大学の理学部学生で、
今は九大の大学院に通う。

Photo_2


上記写真は熊大のウェブサイトから。詳しくは下記で。
https://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people/p160623

数ある楽器でメロディと伴奏を一遍に奏で
られる楽器は多くない。ピアノの類いと
ギター位だ。それ故、これらの楽器はときに
小さなオーケストラと呼ばれることもある。

お父さんが偉大だし、本人はアマながらそこそこ
の弾き手、かつ若くて美人とくれば、当然ながら
ギター界で今、超人気の人なのである。

今日初めて聞いたのだが、音が柔らかく、
時に情熱的にときに優しく奏でるギターは
素晴らしかった。熊本マンドリン協会との協奏曲
もあり、思わぬ幸運だった。


アンコールはムソルグスキー「展覧会の絵」より
「プロムナード」。展覧会の絵はピアノ曲であるが、
ラヴェルがオーケスラ用に編曲した版が一般的に
有名。それを、父、山下和仁氏がギター独奏に
編曲をして、当時前人未踏の大偉業と言わせしめた。
それを持ってくるとは心憎い。ピアノより音域に
制限のあるギターの方が、超絶的に演奏が難しいはず。

彼女は熊本を離れたとはいえ、これからもこの地で
演奏会を時々開く予定らしい。楽しみな存在である。

大きなオーケストラと小さなオーケストラ。
どちらも変わりなく素晴らしい演奏会だった。

2018年3月26日 (月)

プロフェッショナルの流儀

たまたま今夜テレビをつけていたら、NHKの
プロフェッショナルの流儀の番組をやっていた。

メインは藤重さんというかた。吹奏楽にこの人
ありと言われる程の音楽指導者だそうだ。

63歳にして、現在長崎・活水中学・高校の先生。
吹奏楽部の音楽監督である。吹奏楽で無名の
この高校に来てから現在3年目だそう。その奮闘
振りが描かれていた。

実は活水高校の前は福岡・精華女子校で指導していて
全国大会で26回の金賞を取ったそうだ。

偶然だけど、活水高校は長崎に住んでいたときに
直ぐ近くにあったし、実は精華女子高校も福岡での
マンションから職場に通勤する途中にある。
ちなみに制服がかわいい(笑)

活水中学・高校は昨年の秋、マーチングで全国大会
に行くという快挙を遂げる。九州から4校という狭き
門だ。吹奏楽ではないが、高校のとき、音楽サークル
にいた経験からいうと、こんな短期間で全国大会と
いうのは凄いにつきる。

そんな藤島さんをみて印象的だったのは、
「今をしっかり生きる」「大事に、一生懸命に生きる」
ということ。昨日と今日と明日は違う。別に全く
違うことを日替わりでするというのではなく、同じ
仕事を日々こなすなかで、毎日違う発見や喜びがある、、、
そんな経験をされている、、、というか意識的にそう
なるよう努力されているだと思うが。

そんなワクワクした人生を送れたら幸せだろうな。

2017年9月23日 (土)

無印良品のCD

昨日は誕生日だった。
思いがけず、知人よりプレゼントを頂く。

Photo


Photo_2

無印良品のBGMシリーズ、
「MUJI BGM 3 Sicily」(シチリア)
「MUJI BGM 9 Naples」(ナポリ)

無印の店舗のBGMで使われているらしく、各地の
生活に根差した音楽が収録されている。
参加している演奏家も地元をメインに活動している
人たちだ。

このナポリとシチリアのCDにはマンドリン曲も数曲。
それが、僕にプレゼントされた理由だ(笑)
耳になじみ良いポピュラーミュージック。日常の中で
こんな風に自然と楽器を弾けるような時間の過ごし方
ができたらいいなだろうな。

気軽なバルで食事もし、たくさん会話できて
楽しかった。ホントありがとう。素晴らしい一夜でした。

無論、家族からのお祝いメッセージがあったことも
印ておく(笑)

明日は久々に川崎月例マラソンに出ようと思うので、
今日は控え目のランニング。

9/21 RUN:
10.0km 1:3'30"
@蒲田~ガス橋 周回

9/23 RUN:
5.0km 34'35"
@蒲田~六郷土手~新蒲田~蒲田

2017年9月10日 (日)

宅飲み

昨日はB団仲間と山仲間との合同で宅飲み。
まるで学生気分だが、どっちにも友達がいるのって
有りがたい。

閑静な住宅街にあるB団H譲のおうちに集まる。
若い女性らしいお部屋でいい感じだ。女性の部屋って、
実は独身のとき嫁さんの家に行ったとか、大学サークル
仲間とか、あとは家族の部屋位か、、、つまり基本的に
行ったことが無い。この年でお邪魔も、そこは男子、
いくつになっても緊張するなぁ(笑)。

料理を持ち寄り、昼間から飲み会だ。
ビールの右は料理が得意なH譲特製のアヒージョ。
パンに付けて食べる。さすがの味。イタリアンレスランに
来たかと思った。本当に、、、。ビール手前のタッパは
僕が作ったタコとじゃがいものガーリック炒め。
我ながら満足の出来!

グラスに入っているのは、特別にベルギーの黒ビール。

Img_20170909_131813


H譲が、メンバーが持ってきてくれたゴーヤと家にあったハッシュを
使って手早く炒め物。さすが!美味い。幸せなひと時。

Img_20170909_134849


マンドリンでデュエットもできて良かった。

Img_20170909_2116401

今朝は多摩川ランニングクラブにお邪魔して3時間LSDを目指す。
長い距離にも慣れていかないといけない。20人位参加。
キロ8分位でゆっくり走る。最初は良かったのだけど、1時間半位
経ったところで足が痛くなり、どうしようも無くなる。撃沈(泣)
でも、きっかけになったかなぁ。目の前の目標ができた。
一日一日が大事。

9/10 RUN:
15.8km 2:3'49"
@蒲田~ガス橋~二子多摩川 付近往復

2017年8月24日 (木)

桑田佳祐

今日のNHKのSONGSは桑田佳祐とNHK朝ドラひよっこ
のコラボだった。

サザンオールスターズはアルバム「KAMAKURA」を最後に
活動休止する。「KAMAKURA」がでた1985年、ちょうど
このとき、僕は予備校生だった。大学受験に失敗し、
親に甘えて浪人生活をしていたときだ。もちろん、サザンは
好きだったので良く聞いていたけど、だから、「KAMAKURA」
に収録されている曲を聞くと、当時の、先が見えないと感じて
いた、悲しみというか、そんな記憶がまざまざと蘇る。

そして、1986年にKUWATABANDが結成される。この年は
なんとか大学に滑り込めた。そして、同い年、
KUWATABANDは解散され、彼のソロ活動が始まる。

今夜の1曲目「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」は
1987年の彼のFirstシングルである。将来にもなんとなく
希望が持てた頃である。

色んな曲を彼は作ってきたけど、僕の20台前半までに
リリースされた曲がやっぱり好きだなぁ。因みに、大好きな
佐野元春も桑田と同い年で、今年61歳だ。両名の元気さ
には恐れいる。

昨日から東京はまたまた暑くなり夜も暑い。
走って、暑くてヘトヘトになった(笑)心拍数を計ったら
なんと、160/分。通常は150以下。きついはずだ。

8/24 RUN:
10.0km 1:2'56"
@蒲田~六郷土手 往復


2017年7月19日 (水)

ホルン吹きの芸大生

一昨日は定期演奏会。
練習不足は否めなかったけど、いつもより感動した。
ホールに音で包まれているようでとても心地よい
気分だった。

この演奏会で賛助で出演して頂いた梅島さん。
ホルンを吹く東京芸術大学3年生である。
僕らはあくまでもアマチュア。楽しめればそれで
いい立場。でも彼らプロの卵にとってマンドリン
オーケストラはどう見えたのだろう。マンドリンの演奏会
には行ったこともないそうだ。

彼曰く、
「練習に参加してみて目指すところは同じなんだと
思いました」
ということである。なんか、有りがたい言葉だ。
おそらく、音楽性についてはとても彼のレベルに達した
ものではなかっただろうし、ましてやオケの種類が
異次元だ(笑)。それでも、音楽を愛するもの同士、
底流に流れている情熱ってのは一緒なんだな。

いろいろと話せて良かった。ちなみに、芸大の卒業生は
大半がプー太郎になるそうだ(笑)


2017年7月 8日 (土)

ビール

マンドリンの練習をみっちり。朝から夕方まで。
本番まであと1週間だ。弾けないところ満載だが(^^;)
なんとか辻褄を合わせるしかない。

夜は横浜で息子と久々の飯。まぁ、元気にはして
いるみたいで一安心。最近は自炊も頑張っている
らしい。今夜は、少しごちそうだ。
ビールも呑めるようになったし、いっちょ前(笑)

Img_20170708_2039321

7/8 RUN:
5.0km 31'42"
@蒲田~多摩川 往復

2017年6月20日 (火)

合宿

週末はビアンカの1泊2日の合宿。

朝から晩までタップリ練習してきた。
疲れたけど、、、、。
今年もいい演奏会がてきそうです。

20170617_4

夕食!僕は和食だったけど、こちらもおいしそう。

20170617_2

朝食もおしゃれ~な感じ。

20170617_3

2日目の午後はパーカッションも入り、仕上げです。

20170617_5

合宿所は山の中で走るのに良さそうなコースもあったけど、
お風呂やシャワーが自由に使えず断念。残念だったなあ。

先週の走った記録を書いてなかったのでメモ。
6/16 RUN:
2km :up 6'14"/km
1km×2本 :スピード 4'22"/km,4'33"/km
6.5m :down 6'31"/km
計10.5km

2017年6月13日 (火)

慶應義塾大学マンドリン部

芦田愛菜さんが慶應義塾のマンドリン部に入部したという
ことで、我々の業界はかなり盛り上がっている。久々の
明るい話題と、涙を流す人もいる位である(笑)

しかも、かの有名な慶應のマンドリン部。大学自体のブランド
もさることながら、マンドリン界においても日本有数の大学
なのである。これからは、この学校のコンサートはプラチナ
チケットになって、もう行けなくなるかも知れない。これは
全く冗談抜きに、、、、。パートはギターとのことだ。


コンサートにいけない事態になるならうれしいやら、
どうなんだか、、、、。

2017年5月27日 (土)

Sugar Town

昭和歌謡曲のバー。

雑誌で偶然みていつか行きたいと思っていた。
後輩が飲みに行きましょうというので、彼が住んでる
大井町で、かつ、この地にあるこのバーを迷わず
チョイス。昨夜のこと。

全部で5人程座れるカウンターにテーブルがいくつか
あって、15人程が定員か。

20時30頃入ると店内は2~3人のお客さん。
カウンターに座るとレコードがズラリ。飲み物やリクエスト
を受け付けてくれるバーテンダーはヨシちゃん。30代
後半かな?おしゃべりではないが、しっかりと仕事をして
くれる感じの素敵な女性である。

20170526_212045

20170526_212102

10,000枚位収蔵しているそうだ。後輩と二人でリクエス
しまくる。いつのまにか、お店はお客さんでいっぱいに
なっていた。

松田聖子、山口百恵、ユーミン、小泉今日子、オフコース、
チャーリップ、由紀さおり、、、これは僕の好みだけど(笑)、
リクエストした曲は大概ある。さすが。

昭和にどっぷりと浸った一夜だった。帰りは午前様、、、。