最近のトラックバック

Powered by Six Apart

2018年3月 4日 (日)

ピクニックラン

週末、たまたま国会中継ををみた。参議院の
予算委員会で、働き方改革法案について、
共産党の小池さんが質問に立っている。

こういう中継をみいつもて思うのだが、質問者
と回答者のやりとりが噛み合ってない。なんか、
腑に落ちる議論が聞こえてこない。官僚の答弁
も分かったような、分からないような、いや、
結局何も答弁してないのと同じだ。局長とか、
課長など、霞ヶ関の中枢がわざわざ国会に来て
いるのだから、もっと行政の現場というものを
国民に分かりやすいようにしゃべってくれれば
いいのにと思うのに、、、、あんな答弁、1,2
年目の新人官僚だって出来そうだ。

議論全体にしても、労働時間のことだけ事細かに
取り上げられている。分かりやすいテーマでは
ある。確かに、時間は大切な要素だ。長時間労働が、
健康面に悪影響を及ぼすこと、ひいては自殺に
つながることも分かっている。しかし、他の論点は
どうだろう?

長時間通勤、非正規雇用、AI、職能給・職務給、
ベア、ボーナス、人事評価制度色んな観点が
あるはず。

そういう、包括的な議論を期待したい。

昨日、今日は天気よしだが、昨日はだらだらと
過ごしてしまってやや反省。今日は、福岡南部を
探検。嫁さんチの実家の近くもカバー!

3/4 RUN:
15.8km
薬院~高宮~野間四つ角~大池~長住~長尾
~202号~福岡運転免許試験場~若久通り
~大池通り~野間四つ角~高宮~薬院

2017年7月 2日 (日)

東京都都議選

今日は東京都都議選の日。

今の段階で小池さんの圧勝。都民ファーストの会
が勝ったというより、小池さんの勝利で、かつ自民党
の自滅だろう。僕も投票権があったなら、
都民ファースト系に投票していただろう。住民票を
移していないので、残念ながら投票権が無い。

今朝ランニングの道すがら、小学校や中学校で投票
に行く人々を見かけた。ある程度は予測されたけど、
ここまで小池さんが勝つとは思わなかった。
パラリンピックまではこの体制だ。ちゃんとした
都政を期待したい。なんせ、首都なんだもの。

午後からは川崎に出て通勤バッグをゲット。昨年
お買い得品を買って気に入っていたのだが、1年半
程度であえなく破損(´;ω;`)ウゥゥ。今回はその反省
のもと、値段は少々張ったけど、良い製品を選択^^。
嫁さんには、これから告白しなければならない。
緊張の瞬間だ^^;

夕方には1年3ヶ月ぷりの献血。実は5月頭に献血
ルームに行ったのだが、海外渡航帰国から3週間は
献血できなかった。満を持して400mlの献血。
なんか、社会に貢献した気分で気持ちがいい。
採血してくれた看護婦さんも綺麗で満足。
(なんじゃそりゃ、、、)

7/2 RUN:
20.0km 2:'5'39"
@蒲田~二子多摩川~ガス橋

2017年6月13日 (火)

夏休み

政府がキッズウィークなるものをにわかに
打ち出している。学校の夏休みを地域ごとに
分散させ、親もそれに合わせて長期休暇を取り
親子のコミュニケーションを活性化しましょう
ということらしい。

プレミアム・フライデーと同じく安直な発想
じゃないかと懐疑的である。そんなことまで
お役所にお膳立てして貰わなけれならないほど
日本国の家庭というのは危機的な状況なのか(笑)

最近のニュースで学校の夏休みが短くなっている
らしい。夏休みに学期中に出来なかった授業
の振替をやったりするからだそうだ。単に悪天候
や学級閉鎖などだけでなく、先生の過重労働対策
として残業を減らすために学期中の授業数を減らして、
その分を夏休みに振替えるそうだ。

1学期の終業式の日、明日から夏休みだ~、
やった~と無邪気に喜んでたあの日。高揚感が
あった。長い夏休みだからこそ出来る貴重な、
一生の経験もある。そんなことが、これからの
子供たちは出来なくなっていくのだろうか。

2017年5月 1日 (月)

マオリ

2011年のラグビーワールドカップはニュージーランドで
開催された。ラグビーはニュージーランドの国技だ。
開会式と準決勝、決勝が行われた会場はEden Park
(イーデンパーク)といい、同国最大のスタジアムである。
収容数60,000人、巨大。実際そこに行って責任者の
スティーブ ドナイさんのお話しを伺うことができた。

WMGの開会式もここであったのだが、気さくな方で、大規模
運営のキーポイントを熱弁して下さった。

20170426_114156

まあ、そのお話しはここでは割愛するとして、ニュージーランド
のラグビーナショナルチームはオールブラックス。キッククオフ前
の"ハカ"の踊りが有名だ。これはマオリの戦い前の儀式。

街中を歩いていると、西洋人の顔だちとは違う人たちがいる。
もちろん、観光や移住している東洋人やその他の国の人たちも
いるのだが、マオリ族の人たち、南方系の顔だちの人々だ。

9世紀ごろ、日本で言えば平安時代ごろポリネシア(サモア、
フィジー、トンガ、タヒチ)などから最初の移民がきたそう。
これがマオリ族の祖先。そして、17世紀、江戸時代の初期に
オランダ人がニュージーランドを"発見"する。英語表記だと、
NEW SEA LAND。つまり、オランダ語で"新しい海の土地"。
確かに、オースリラリアの隣にこんなにも立派な土地があれば、
こんな名前を付けたくなるものだ(笑)

そんなマオリの歴史が詰まった博物館がオークランド博物館。

1493625390771_resized


20170422_132310


オフの日に訪問したが、でかすぎで1時間弱では残念ながらとても
見切れなかった。しかし、見る価値は絶対にあり。

15世紀辺り以降からヨーロッパ人が進出した土地では、どこでも
こんな先住民との激しい戦いの歴史がある。英語というものは、
そうやって徐々に浸透していって共通言語となってきた功績は
あるのだけど、一方、破壊された優れた文化があったことも事実だ。
そんなことを目の当たりにした旅でもあった。

帰国してランの再開。GPSウォッチを取り出してみたら、6:57の
はずなのに9:57となっている。そうか、ニュージーランドと日本の
時差は3時間。ニュージーランドが進んでいる。いつのまにか自動で
補正されていたのだ。しばらくそのままにしていたら、日本時間
に再び補正されていた。このウォッチ、結構優秀じゃないか!

5/1 RUN:
10.1km 1'00:05"
@蒲田~ガス橋 往復

2017年3月20日 (月)

メールとLINE

コミュニケションツールは、現代では百花繚乱。
仕事ではメール、プライベートではLINEという人は
多いのではないか。

通勤など電車に乗っていると、ほとんどの人はスマホ
に没頭している(笑)。僕も例外ではないのだけれども、
メール、LINE、twitter、facebook、youtube、
instagram、yahoo、新聞など、一通りチェックする
だけでも、10分位は優にかかるのだ。

メールとLINE、似たようなコミュニケーションツール。
しかしながら、その手軽さといったら、LINE。アドレス
不要だし、即座に既読が分かるし、未読の数字が
表示されるし、スタンプの豊富さなど、スピード感に
あふれる。

例えば、LINE風。
「就職、どおっ?」
「ううん、良くわかんない」
「今年、いいかも」
「売りみたいね。」
「二次行った?」
これは、ほとんど会話と変わらない。

丁寧な会話だとこうなる。
「去年から就活大分よくなったみたいだけど、
そちらの就活の状況どんな感じ?」
「先輩たちに比べるといいって、就活の先生からは
言われているけど、あんまり実感ないなぁ」
「いやぁ、絶対いいよ。いっぱい求人きてるでしょ。
大手からもそこそこあるじゃん」
「求人の方が多いのを売り手市場って言うんだって。
バブルの頃、そんな言葉使ってたみたいね。」
「まだ、面接解禁前だけど、実際は進んでいるみたい
よね。二次面接行った子もいるみたいよ。」

今時、これは丁寧過ぎる会話かも知れない。
日常の会話のスピード感がLINEのスピード感に
マッチしているのか、LINEのスピード感が現実の
会話を変えていっているのか、これは、よくいう、
ニワトリと卵の関係みたい(笑)

しかしながら、メールだと、もっとかしこまる。
「お疲れ様です。××です。~」
とか、
「お世話になります。××です。~」
とか、なんか、そうなっちゃうのよね。

お手紙よりラフとはいえ、そっちの文化を継承している
からね。これが、スピード感から遠ざかっている理由の
一つなんだろうな。

2017年1月13日 (金)

センター試験

明日からセンター試験。

僕が受験した共通一次は32年前。
遥か昔だなぁ、、、、

今も昔も変わらぬ第一関門だ。

東日本は雪が予想されているけど、無事終了
することを祈る。

2017年1月11日 (水)

Life Shift 100年時代の人生戦略

Life_shift

ずっと気になってた本。11月頭に発売されて、11月末には
既に第三刷だ。今は一体何刷なんだろう。

日本では100歳以上の人が既に61,00人以上いるという。
2050年までにはその数100万人を超えると予想されている。
2050年は33年後。僕はまだ?84歳。今の父親より若い。
33年後には保健・医療はもっと進んでいると思われ、
と、いうことは僕もその100万人に入る可能性はとても高い
のだ。2007年生まれの子供の50%は107歳まで生きると
予想されている。

今後我々は100年生きることが前提になる。これは統計的
に示されている事実である。これまでに比べ、十分な時間が
我々に与えられることになる。これを幸と考えるか、不幸と
考えるか(笑)。僕は幸と考えたい。そして、生き甲斐、
健康などについてこれまで以上にしっかり考えないといけ
ない。

まだ読み始めたばっかりだが、以下が印象的だ。
人生は、学生のときまでのフルタイム教育時代、
仕事に専念する時代、退職して引退してからの時代
という大きな3つのステージがある。しかし、これからは
3つ以上のステージが有り得るし、仕事の時代が
これまでより長くなり、かつ同じ仕事で70~80歳まで
過ごすことはできないだろう。

つまり、人生の途中で変身する必要が出てくるのだ。
どのように自分に投資して、再教育して、新しいコミニケーション
(人脈)を作れば良いのか。どうすれば、上手に変身して
長寿時代を生きることができるのか、読み進めるのが楽しみだ。

2016年12月12日 (月)

Kanji meaning gold or money picked as best symbolizing 2016

JapanTimesより。
「今年の漢字は"金"」

日本漢字検定協会が選ぶ今年の漢字。"金"が
選ばれるのは2000年と2012年に続いて3回目
だそうだ。

リオデジャネイロオリンピックの金メダルラッシュ、
舛添要一東京都知事のお金に関するスキャンダル、
果てはアメリカのトランプが金髪であったことなどが
評価されたらしい。

僕は全く"金"に縁の無い1年だったが、、、(笑)

2番目は"選"。アメリカ大統領選やイギリスの
脱EUの住民投票などが理由。

3番目は"変"。熊本地震や鳥取地震などが理由。

僕にとってはなんだろう?

「続」とかどうだろう。特別今年に新しいことを
始めたわけではないけれど、仕事でも趣味でも
前からやっていたことを継続できたし、それなりに
レベルも維持できた。"継続は力なり"そんなことも
実感できた年だった。

12/12 RUN;
10.2km 59'29"
@蒲田~六郷土手 折り返し


2016年11月 8日 (火)

博多駅前道路陥没

今日の午前中、東京-福岡でテレビ会議をして
いた。僕は東京にいたのだが、福岡側で警告音が
鳴り響いて会議が2度程中断した。地震などの
緊急災害速報で携帯のアラームが鳴る、あの感じ。

そのときは、何がなんだか良く分からなかった
が、自席に戻ると博多駅前で道路陥没のニュース
が流れている。これは大惨事。ATMやガスなどの
インフラも損傷を受けているらしい。

昨日、その傍を通ったばかり。
一歩間違えは巻き添えを食うところだった。

2016年11月 5日 (土)

TPP

実家で熊日新聞を開いたら、TOPは
TPP強行採決の見出し。政治面も社会面もTPPに
関する記事がずらりと並んでいる。概ね、否定的
なものが多かったように思う。

畜産、農産物が主力の熊本県にとってはそれらの
関税率カットが打撃になることが想定されるから
だろう。大きな関心が寄せられていることが良く
分かった。

その社会面の県民の声の中に、僕の知人の名が、、、
「君の名は。」そんな感じ。小中高同級生だった、
ハナコさん(仮名)。助産師。山鹿市とある。
確か、熊本市内の病院勤務で、市内に住んでいた
ハズ何だが...。引っ越したのかな?

まぁ、それはいいとして。

20161105_092250__edit

拡大したら見えるかな?
県民を代表しての立派なコメントに拍手。
どこで、取材を受けたのかなぁ?

11/5 RUN:
3.0km 18'27"
@光の森