最近のトラックバック

Powered by Six Apart

2017年8月19日 (土)

由布岳

先週の山の日、古くからの友人と山に向かう。
個人的には2回目の由布岳だ。
友人は2年前から良く登るようになったとかで、
いいことだ(笑)

が、その前に瀬の本でキャンプイン。
早速、テントやテーブルを出してセットアップすると
まずはともあれ囲碁である。これは我々にとっては当たり前
のこと(笑)

Img_20170811_175309_2


通常の19路盤より少し小さい13路盤。盤面が小さいので早く
決着がつく。しかし、複雑な変化もあり、19路盤に劣らず
楽しめる。ここ難しい局面。碁敵は長考に入った。

Img_20170811_175258_2


夜は積もる話で、遅くまで語る。
酒と少しのつまみと会話があれば幸せである。

Img_20170811_203911_2


翌朝は早起きして朝食を済ませ、キャンプ場をあとにする。

長者原~飯田高原では多くのランナーに出会う。
高校生風から社会人、実業団風までたくさんの団体が
合宿をしているようだ。なるほど、ここは合宿の適地なんだ
なぁ。一緒に走りたい気分。いやいや、今日は山だ。

Img_20170812_064415_2

登山口は晴れていたが、頂上付近にはガスがかかっている。
実際、登ってみると途中からガスに包まれ、雨も降ってきた。

Img_20170812_131826_2


由布岳はピークが二つある双耳峰である。西峰と東峰がある。
ピークの分岐のマタエについて、まずは西峰を目指す。こちらが
東峰より高く、一等三角点がある。クサリ場を超えて、最大の
難所に着いた。

しかし、ここでラスボスの登場。ここをクサリを使って登る必要
がある。高度差20M位あろうか。槍ヶ岳を思い起こさせる。
さらに、登ったあと、"横這い"という鋭く切れ落ちたガケを
歩かなければならない。滑ったら命の保証は無い。
なかなか、ここからが近くて遠い山頂なのだ。
濡れていて滑りやすくなっているし、風も出てきた。

Img_20170812_095151_3


身の危険を感じ断念。無理をすることは無い。晴れたときに
挑戦だ。マタエに戻り、反対に15分程急登を詰めると東峰。
晴れていれば、大分・祖母山、九重、湯布院盆地、
宮崎・大崩山などが一望できる。

Img_20170812_102128_6


帰りは日向岳経由で下る。こちらはクサリ場連続する道で
慎重に降りていく。

Img_20170812_095613_2


途中には綺麗な花も咲いていて癒される。

Img_20170812_095434_2


Img_20170812_1111111_2


当初縦走して鶴見岳にも行く予定であったが、入り口となる
東登山口はほぼ由布岳を下り切り、そこから登り返さないと
いけないことが分かり、時間的にも断念。それぞれが立派な
独立峰なのだ。次の山行は鶴見岳だ。

Img_20170812_115533_2


帰りに筋湯で疲れを癒す。

Img_20170812_160835_2


しかしながら、この後5日間も筋肉痛に苦しめられた。
ランニングもできず、悲しかった(><)

2017年6月 5日 (月)

尾瀬

土曜日、10年ぶり位かな。
東京から片道5時間。仲間4人と楽しい車旅。
滞在時間は2時間位だったけど、良かった。

ミズバショウを観れたのは初めて。長年の念願が
かないました。
「夏が来れば思い出す はるかな尾瀬 遠い空 ~」

20170603_133132

1496630621341

20170603_145427


2017年5月20日 (土)

川苔山

昨日の打ち上げで体が重い目覚め。
だが、今日は先週流れた山行のリベンジである。
今年、個人的には初めて。

先週とうって変わって25度近くあるような暑い日。
行先は奥多摩の川苔(かわのり)山。そこでは
人気を誇る場所である。

新宿からホリデー奥多摩に乗って一路奥多摩駅。
仲間4人と待ち合わせる。先週ならば10人近くいたの
だけど、今日は残念ながら都合がつかない人多数。

20170520_091729


20170520_091733


新緑のなか、気持ち良い歩き。

Img_5401


1時間半歩くと百尋ノ滝(ひゃくひろのたき)。イオンに包まれた
ような感じで、ヒンヤリ感もあり、避暑にはぴったりだ。

20170520_120818


登頂は14:20頃。かなりしんどかった。

20170520_142618_r

下りも長~い道のり。全部で6時間程度の山で思ってた以上
にハード。久し振りの奥多摩だったが、また再開したなる
ようなエリアだった。

下山後は立川で打ち上げ。山の話で大いに盛り上がる。
21:00頃まで飲んでいて、蒲田まで帰ることを考えると
少ししんどい^^;

帰りしな、そういえば、この冬まで友人が住んでいたなぁ
と、少し寂しさを感じながらの解散となった。


2017年4月 3日 (月)

雪崩事故

栃木の那須町の山で雪山訓練の高校生と
教員8名が雪崩で死亡したという、あまりにも
悲しい事故が発生した。同世代の子供を持つ
親としては、とてもやるせない。

同じく山に登るものてして、自分は安全を意識
しているかというと、実はこころもとない。

僕は何年か前、主峰の茶臼岳に登ったことが
ある。火山活動が見られるごつごつした岩場
の斜面と緑豊かな斜面の対比が素晴らしい
見事な山である。

夏山の時期で緑が眩しいばかりの光景だった。
今回は春とはいえ、北関東で標高もあるので
まだまだ雪深い。雪が残る山には行ったことは
あるが、とはいうもののそれは今回よりとても
ライトな山だったけれども、それでも怖いと思っ
たことは何度かあった。

山に行くと、当初の目的を達成したいという欲求
に駆られる。その心理は良く分かる。せっかく
きたのだから頂上に登りたいとか、、、。3~4日
も会社を休んで、一生に一度チャンスがあるか
どうかというときに、悪天候に見舞われて、さあ、
どうする?なんてケースはザラにあるのだ。

これはホント難しい。

かつて、国内で3番目に高い槍ヶ岳に友人と
息子と行った。槍の肩に着いて、最後の梯子
となった時、ガスがかかり、小雨も降って
きた。梯子や岩は滑り易くなっていた。もし、
足を滑らせたら300メートル位滑落していた
だろう。ヘルメットも着用していなかった。

夏休みでせっかく来たのだから!もう、次は
何時になるか分からないと思って、やや強行
してしまった。他の登山者もいたので、我々
も大丈夫と思った面はある。しかし、僕は
ともかく、息子は初心者であったし、自重
すべきだったかもしれない。

翌日山小屋から麓に降りるとき、川がかなり
増水していた。川に渡してある板を渡るとき、
もし落ちたら一気に流されて死亡事故につな
がるようなところもあった。実際、この日、急激
な増水の川をロープを使って渡ろうして流され
死亡した数人のグループがいたのだ。

結果的には我々は事故は起こさなかったが、
今でもふと思いだすとぞっとすることがある。

安全第一。もう一度、心に刻もう。

2016年12月 3日 (土)

激安人参

朝一で飛行機に乗る。5時起きだったので、道中眠く
なるなぁと思っていたら、天気が良く、視界もバッチリ
だったので、山が良く見え、見とれてしまった。

Mountain

しかも、ソラシドエアなので、なんとなく高度がANAの
大型機に比べると低いような気がして、山が近くに
見えるようだ。東京→熊本だと右窓際に乗るとアルプス
が一望できる。富士山は見えないけれど、、、、、。

やっぱり、山の眺めはいいなぁ。

空港から自宅への移動中、菊陽町の野菜屋さん、
フレッシュパークに立ち寄り。ここは、野菜が新鮮で
安い。東京で普段買っている値段がふざけた値付け
に見えてくる(笑)

今日は人参が激安!!

20161203_100021


こんだけ詰めて100円。
1ヶ月前の人参マラソンの時は、品薄で参加賞に入ってなかった
のに、この変わりよう。しかし、これで十分にリベンジはできた。

20161203_100112

実家に行ったら、綺麗な花が咲いていた。

20161203_155619


名前聞くの忘れた。
ネットで調べてみても良く分からない(--)

走り始めた頃には明るかった町も、終わる頃には
すっかり暗闇の中。冬場は九州といえども、日没が
早い。東の空には三日月とその左下に宵の明星が
美しく輝いていた。儲かった気分^^

12/3 RUN:
10.0km 1:1'45"
@光の森

2016年11月26日 (土)

高尾山&天皇陵

朝から快晴。

今日は久しぶりの山登りだ。楽しみ!!
職場の同僚で山に行きたいという人がいて、高尾山
を案内することにした。全部で4名。初心者2人に
経験者2人。

高尾山に近づくにつれ一昨日の雪が屋根や家の影に
残っている。都心から電車で1時間位だが、結構降ったん
だなぁと感じさせられる。山頂付近は登山道が雪で
いっぱいらしく、登頂できるかどうかちょっと不安だった。
5年位前に来たときに比べると駅がリニューアルされて
いて、木材を使ったデザインがとっても綺麗。
写真の彼は高校時代山岳部のベテランである。

Photo

登山路がいくつかあっていつもはいかにも山に来ました
というような自然路を選択するのだが、初心者がいる
ことと、この雪で道が心配だったので薬王院という山中
にあるお寺に通じる表参道を行くことにした。

表参道で石畳みの道が通っているとはいえ、結構急坂。
簡単には登れない道だ。しかし、ひんやりとした空気と
脇に残っている雪を見ながら楽しい歩きが続く。
紅葉も綺麗。

1480220765511_resized

道中には色々な地蔵や小さい神社、開運のモニュメントが
あって、一つ一つ見ているとちっとも前に進めない(笑)
江戸時代(もっと前からか)から続くテーマパークなんだと
実感。年間300万人が訪れるというから大したもんだ。
外国人もちらほら見かける。

薬王院の入り口

1480325857410

境内には天狗がご鎮座。

20161126_110052

オクトパス(タコ)も鎮座。置くとパス(合格する)に掛けて
ある。^^

Photo


上から見ると、屋根に雪が結構積もっている。
雪国だぁ。

1480325885956

頂上

Takaosan

頂上は人で溢れていたが、なんとか食事スペースを確保。
定番のサッポロ一番塩ラーメンと醤油ラーメン。
野菜、ワカメ、ゆで卵をトッピングしておいしく頂いた。

20161126_122049


1480220751771_resized

渋滞もあり、予定より2時間近く遅れて下山。

次に向かったのが、高尾駅近くにある、天皇陵。
タクシーで着いたのが、午後4時前。
そしたら、なんと閉門が4時だった。ああっ残念。
調査不足だった!!!一緒に登山した同僚が天皇陵の
ガイドをしてくれるはずだったのであるが、、、、
下山後ここに来るまでに事前レクチャーは受けて
いたものの(笑)、現地で聞きたかったなぁ。

記念写真だけ撮って解散。でも、霊気には触れたような
気がした。

打ち上げは新宿のベルギービールのお店で。

おいしゅうございました。

20161126_182212

2016年9月 7日 (水)

八甲田山ロープウェイ

八甲田山にはロープウェイがある。
酸ヶ湯から青森へ少し下ったところだ。

Photo
(写真はトリップアドバイザーより)

最初、八甲田山登山はロープウェイを使おうと思っていた。
しかし、現地に着いてから思いのほか良いコースがあった
ので全部歩きに切り替えたのだった。それで、改めて
利用する。

丁度待合室で、10人位のおじさん、おばさんグループと
遭遇。言葉から大阪の人らしい。正確にいうと、神戸か
京都かも知れないが、九州人には聞き分けるのは不可能
だ(笑)。ここでは、一応大阪としておく、

大阪のおばちゃんは元気だ。
「~やなぁ↗」
「そうやなぁ↗」
という語尾と全体のイントネーションが独特だ。

先に若い人が座席に座ったいたところに、おばちゃん
3人がやってきた。二人は余裕で座れたが、もう一人
分はやや窮屈。すかさず、
「お兄ちゃんにちょっと横にずれてもらいイ」
と声が飛ぶ。お兄ちゃんは遠慮がちに席を立って
座席を譲った。そんなつもりはなかったのだろう、
「座りイ、座りイ」
とおばちゃんは手招きするが、お兄ちゃんは気迫に
圧倒されたのか座ることができない様子。
その後は何事もなかったように、おばちゃん達の
元気おしゃべりは続く。

この勢いは学ぶべきことが多い(笑)。

Photo_2


著者は慶應義塾大学商学部教授のれっきとした経済学者。
おばさんを経済学的立場から分析した面白い本である。
一読をおすすめする。研究によると、
1、経済効率を促進する
2、有益な人的資本である
3、合理的な経済人である
言葉が難しいが、おばさんは、社会をとてもハッピーに
すると存在という。

電車のわずかなすき間に座るのも、集まりなど一番に口火を
切ってくれるのも、両性を有している(例えばおばちゃんは
女子トイレも男子トイレも掃除してくれる、女子風呂も
男子風呂も掃除してくれる、混雑した女子トイレから
男子トイレに入る)、のもおばちゃんだからなせる業なので
ある。

おばちゃんの回になってしまいそうだ。

そんな楽しいおばちゃん達とロープウェイを使って山頂駅
まで往復。頂上駅では、シャッター係に任命され、記念写真
を撮らせて頂く。
「よう撮れとるなぁ↗」
「おおきにぃ↗」

山頂駅といっても僕が登ったのとは別の山だ。
八甲田さんは、北部八甲田山系と南部八甲田山系がある。
僕が登った大岳がその最高峰で、北部にある。
ロープウェイの山頂駅も、同じく北部に属する。

ちなみにも、旧陸軍が訓練で遭難したのは南八甲田山中
だった。裏八甲田山ともいう。ロープウェイ駅周辺は
映画のロケで使われたらしく、待合室にはロケの写真や
遭難の様子などのパネルが飾ってあった。高倉健や
秋吉久美子をはじめとして、皆さん若々しい。

車窓からは陸奥湾が再び展望できた。

20160904_134248

次回こそ、青森市街。

旅行が終わってから3日目だが、足の筋肉痛が
治まらない。足を引きずりつつ、完走。

9/7 RUN:
10.1km 1:7'7"
@蒲田~ガス橋 往復

2016年9月 6日 (火)

毛無岱

20分程山頂に滞在してから、残念ながら下山である。

そういえば、山頂の手前でおじさんがたばこ休憩して
いた。通りすがら話しかけられたが、全く聞き取れず???
怪訝な顔をして相手を見つめていたのか、なんか
怯えた表情をされてしまって悪いことをしてしまった。

3~4回聞いてやっと分かった(ような気がする)。
「この登り大変でしょう」
「帰りはここを戻るの?」
ということらしい。これが生粋の津軽弁か!

会話の感じから、登山のベテランと思しき人。
さらに、長靴ではないか。この人に恐ろしい
ものを感じた。

さて、陸奥湾を見下ろしながら歩を進める。

20160904_093734
ひとしきり下ったあとは、湿原地帯の上毛無岱。雪が遅くまで
残るので水が豊富なのである。季節になれば、高山植物が
たくさん見られるはずである。尾瀬にも似た感じで、これだけ
の広さは九州ではお目にかかることができない(と思う)。

20160904_102223
見上げれば先ほどまでいた大岳が見えた。

20160904_102157
もうしばらく進むと、下毛無岱が見えてきた。
あちこちに沼が見える。

20160904_102959
途中、台風10号の影響で、道が荒れていた箇所もあったが、
心地よい下山だった。11:20頃着。

酸ヶ湯に戻ってきて、湧き水を頂く。うまし~。

20160904_111342

最後に温泉にもう一度つかる。
いい、湯だった。

こうして、酸ヶ湯をあとに、青森市街に向かった。

2016年9月 5日 (月)

八甲田山

翌朝(9/4)6時位に部屋が明るくなってきた
のに刺激されて起きた。う~ん、自然な
目覚めだ。絶好の登山日和となりそうだ。
その前に、、、三たび目の温泉につかる。

酸ヶ湯は酸っぱいからという由来らしいが
唇を濡らすと、確かにそうだった。
ひと風呂浴びてスカッとしたあとは朝ごはん。

今回の登山は、日本山脈縦走起点から登り、
仙人岱を通って大岳山頂まで。下りは上毛無岱、
下毛無岱を通って酸ヶ湯に戻ってくる。

Photo

7時半には酸ヶ湯から3分程の登山口に着いて
登り始める。左下から反時計回り。

20160904_072623

戦後間もなく、読売新聞社が社業として行なった
「本州の山々をつなぐ大縦走」という事業がある。
山口県の秋吉台と、ここ八甲田山から山々を縦走し、
富士山で落ち合うというものである。凄いことを
考えたものである。

Images

途中、ナナカマドがあった。割と山全体に咲いていた。
大体どこの山でもみることができる。いつ見てもきれい
だな。

20160904_075111
しばらく登ると、こんな標識が。
本当は右が登ってきた酸ヶ湯方面だが、一瞬左と
勘違いしてしまった。それに、山頂まで
30k???2~3日かかりそうだ(笑)。

20160904_075150

一時間程で地獄湯ノ沢。豊富な水が流れている。
しかし、硫黄のため、このあたりは硫黄に強い植物
しか生息してしない。それにしても硫黄臭がきつい。

20160904_082045

さらに進んで仙人岱。地獄湯ノ沢と一転して湿潤な湿地帯で、
植物が多い。ちょっと季節は外していたが・・・・。

20160904_084327
ここを通り過ぎると、大岳への急登りが始まった。
火山性の砂礫で滑りやすく険しい。
登ること30分相当きつかった。9:20分頃着。
約2時間か。ふぅっ。
やっと、ご褒美にありつけた。

20160904_093519
北に目を凝らすと昨日やったきた十和田湖方面だ。
雲海に覆われて素晴らしい。

20160904_093302

これはいわゆる、"やませ"でできた雲海である。
そう言えば、中学のとき、やませ君という友達がいて、
社会で"やませ"を習ったときに冷やかしていたのを
思い出した。m(_ _)m。

やませはオホーツクから吹く北東風。冷たくて湿潤なので、
東北に来るころ大量の雲や霧を発生させる。農作物に冷害
を及ぼすあまりありがたくない風。それが、奥羽山脈や
八甲田山にぶつかってくる。昨日のドライブで遭遇したのは、
まさにこれ。

これらの山の反対は一転して雲海がなく晴れ渡っている。
北西には青森市街、陸奥湾、中央奥に津軽半島が延びている。

20160904_093148

西側には青森のもう一つの百名山の岩木山。
富士山みたく独立峰で円錐の形が美しい。

20160904_093143

2015年8月18日 (火)

まぼろしの白馬岳

先の週末から北アルプス・白馬岳(しろうまだけ)に行っ
ていた山仲間から今日無事下山したとのメールが届いた。
3泊4日の贅沢な山歩き。僕も誘われていたのだが、夏休
みを取った直後だったし残念ながら日程が合わなかった。

メールに書かれていたオンラインアルバムに早速アクセ
スしてみると、スッキリとした天気あり、濃霧に包まれ
ている天気ありで気候の変化が激しかったよう。ほとん
ど3000m位はあるような山を4日間縦走したわけなの
で、天気や気温も様々だったのだろう。それにしても、
むちゃくちゃうらやましい。

来年の夏は北アルプスきっと行きたい。

・・・JR立川駅が大変なことになっている。
この前の京浜東北線に続く大規模トラブルのよう。
いろんな路線が乗り入れているから影響が大きい。