最近のトラックバック

Powered by Six Apart

2015年6月13日 (土)

櫛形山

鳳凰三山は断念したが、天気がまずまずだったので日帰りで
南アルプスに行ってきた。鳳凰三山の手前(東京から見て)に
ある櫛形山。2,052m。

横浜から山友の車に乗って、まずは八王子へ。そこで山友を
拾って計4人。八王子の街に初めて来た。JRの駅は大きいし、
住宅や商店街もかなり広がっている大きな街だ。小中高の通
学に遭遇。ここでは土曜授業をやってるんだなぁ。

高尾ICに迎う途中、天皇陵の看板があった。ここに埋葬され
ているのかと新たな発見。改めて訪ねてみたいところだ。
京王・高尾山口駅の近くでは温泉施設を建設中だった。
年間300万人が訪れる高尾山。新たな魅力が加わる。

圏央道から中央道での合流地点では大渋滞。ここを抜ける
のに1時間かかってしまい大きなロス。おかけで、登山開始
11時位になってしまった。(>_<)
あるまじき時間帯。

今回の櫛形山は、車で可能な最高地点まで行き、そこから
頂上付近をトレッキングする、ある意味楽ちんコース。

Dscn04561


登山口は標高約1800m。下界では快晴だったがここではガ
スで視界が悪くなっていた。26度位あった気温も15度まで下
がっていて、少し肌寒い。櫛形山の頂上には45分程で到着。
標高2051m。九州では味わえない2000m級だ。

Dscn0435

それから、裸山に縦走。次に、本来ならアヤメが咲き誇る
アヤメ平。しかし、最近は鹿に食べられてほぼ全滅だそうだ。

Dscn0443


↓キンポウゲはたくさん咲いていた

Dscn0447


アヤメ平からは別コースを辿って登山口に向かう。原生林が
鬱蒼と茂っている。シダもたくさん生えていて気持ちが良い。

Dscn0441

途中、南アルプスが見える展望所がある。絶景だった。
富士山に次ぐ第2位の高峰、北岳3,193m。まだ、雪を
被っている。甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山も見える。友人が
この夏登るといっていた仙丈ヶ岳は山の向こうに在って、
残念ながら見えなかった。でも、その雰囲気は伝わって
来るようだった。

↓クリツクで拡大

Photo

駐車場へ戻って、約5時間経っていた。なんだかんだで
良く歩いた。
車で山を下りる途中に出会った富士山。雨が降りそうで、
かすかに見える程度だった。しかし、ここで見る富士山は
多摩川で見るのとは違い、相当デカイ。感動的。

Dscn0457


2015年5月15日 (金)

鳳凰山

6月で定年退職されるOさん。会社の山仲間だ。定年後再雇
用だったのだが65歳になりそれも満了。長い間お疲れさま
でした。そのOさんから6月の山行を誘われる。

目指すはOさんがずっと行きたかった「鳳凰山」。地蔵岳、
観音岳、薬師岳の三峰の総称である。南アルプス(山梨県)
にある。深田久弥はその著書「日本百名山」に次のように書
いている。

"地蔵岳の絶頂に、二個の巨石が相抱くように突っ立っている。
古人はこれを大日如来に擬して尊崇したところから、法王
山の名が生じたと言われている。"

法王山が転じて鳳凰山。かっこいい名前。あたかも地蔵岳の
頂上のオリベスクは鳥が羽を広げたような形をしている。最
高峰の観音岳は2,840m。薬師岳は2,780m、地蔵岳は2,764m。
三峰とも一続きの尾根に並んでいるので天空の縦走路となり
そうである。天気が良ければきっと富士山、中央アルプス、
北アルプスなどの日本の屋根が見渡せるはずで絶景が楽しみ
だ。1泊の予定だが、2泊位したいコース。季節が梅雨の頃な
ので、撤退や停滞(山小屋やテントでの待ち)も考慮にいれな
ければならない。

山登り自体も楽しいが、コースやタイムの見積もり、交通手段、
荷物の選択などの計画がまた、醍醐味の一つである。

この前書いたガラホ。KDDIもガラホにガラケー並みの低価格
料金プラン導入を発表した。案の定、宍戸錠(寒っ)、そうなる
と思っていたが、やはり対抗措置だ。
AUユーザなのでWelcome。